【米大統領選直前 緊迫する世界】テロが頻発すればトランプ氏に有利 対テロ政策でクリントン氏と差 (1/2ページ)

2016.07.22

フランス・ニースで発生したトラックテロ(AP)。米大統領選で、トランプ氏への期待が高まるのか
フランス・ニースで発生したトラックテロ(AP)。米大統領選で、トランプ氏への期待が高まるのか【拡大】

★(3)

 フランスのニースで14日、テロが発生した。トラックが群衆に突っ込み100人以上の死傷者が出た。フランスでは昨年11月のパリ同時多発テロで、犯人グループが銃を乱射して130人余りが犠牲になった。

 米フロリダ州オーランドのナイトクラブでは6月、男が銃を乱射し、49人が死亡し53人が負傷するテロがあった。今や米国国民のテロへの関心は非常に高く、経済問題に次いで2番目の関心事となっている。

 対テロ政策では、民主党のヒラリー・クリントン元国務長官より、共和党のドナルド・トランプ氏への期待が高い。「テロを防ぐことができるのは?」という世論調査で、トランプ氏は48%、クリントン氏は43%だ。

 米大統領選のカギを握るキリスト教福音派に限れば、トランプ氏への「テロ防止の期待」は79%にも上る。イスラム教徒の締め出しを言うトランプ氏が支持を集め、今後、国内外でテロが頻発すれば、トランプ氏に有利となる。

 銃規制の問題も重要なテーマとなっている。

 米合衆国憲法修正第2条には「国民が武器を保持する権利は侵してはならない」と記されている。建国以来、「自分の身は自分で守る」というのが米国国民の考え方の基礎にある。

 トランプ氏は、パリ同時多発テロ後、「パリは世界で最も厳しい銃規制が課せられていた」「悪人だけは銃を持つ」「もし、犠牲者が銃器を所持していれば、事態は違っていた」といい、銃規制の「緩和」を訴える。

 これに対し、クリントン氏は「銃規制を強化すべきだ」とし、イスラム社会との連携を主張する。銃規制を行うか緩和するかでも、大統領選はヒートアップしている。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。