韓国の警察官は今も昔も悪い人…新長官の過去に飲酒運転事故&別荘疑惑 (2/2ページ)

2016.09.01

ソウルにある韓国警察庁庁舎
ソウルにある韓国警察庁庁舎【拡大】

 問題にされたのは、国道が通るとの情報を得た上での投機目的ではなかったのか、という点だけだった。彼は「退任後の住居目的で購入した」と述べ、逃げ切った。

 それにしても、韓国の警察官10万人のトップに、何故に、こんな“すごい経歴”の持ち主が選ばれたのだろうか。警察庁長官(=階級は治安総監)は、6人いる治安正監の中から選ぶしかない。ハンギョレ新聞(8月24日)が匿名の警察幹部の話を、次のように伝えている。

 「大統領府が、飲酒運転交通事故の身分隠蔽事実を知っていながら指名したのは、代案がなかったためかもしれない。他の人を候補者に選択すれば、さらに大きな恥をかくからではないか」

 31年前、治安正監の1人と昼食をしたことがある。東京・中野の警察学校で学んだという人物だ。「なぜ韓国の警察は、こんなに腐敗しているのか」と、私はずばり尋ねた。

 彼は怒らなかった。「これでも随分と良くなったのです。私1人が清廉を貫いたら、たちまち警察から追い出されてしまうだけです。だから節度をもって臨み、部下を諭し、百年河清を俟(ま)つ心で…」

 彼は「日本人記者にごちそうになるだけでは心苦しいから」と、小さな花瓶をプレゼントしてくれた。

 韓国の警察にも立派な人物はいると思ったが、あと70年ほどで川は澄むのだろうか。

 ■室谷克実(むろたに・かつみ) 1949年、東京都生まれ。慶応大学法学部卒。時事通信入社、政治部記者、ソウル特派員、「時事解説」編集長、外交知識普及会常務理事などを経て、評論活動に。主な著書に「韓国人の経済学」(ダイヤモンド社)、「悪韓論」(新潮新書)、「呆韓論」(産経新聞出版)、「ディス・イズ・コリア」(同)などがある。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。