サムスン、新スマホ使用中止に踏み切る ウェブサイトで呼び掛け

2016.09.10

 韓国サムスン電子は10日、バッテリーの欠陥が判明した新型スマートフォン「ギャラクシーノート7」の使用中止を、ウェブサイトで消費者に求めた。バッテリーが爆発したとの指摘があり、既にリコール(無料の回収・修理)を発表していた。

 米消費者製品安全委員会(CPSC)も9日、過熱と爆発の恐れがあるとして使用中止を勧告しており、サムスンも使用中止の呼び掛けに踏み切ったとみられる。問題が拡大すれば、米アップルなどとの販売競争に影響する恐れもある。

 サムスンはサービスセンターで代替品と交換するなど対応中。サイトで「ご不便をお掛けし、改めて深くおわびします」と陳謝した。

 日米の航空当局も、既に機内での使用中止を求めている。サムスンは5日、同機種は日本では未発売だと発表している。(共同)

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。