米軍、朝鮮半島封殺へ 超高速のB1戦略爆撃機を展開 挑発する北に徹底抗戦か

2016.09.12

韓国に展開されるとみられる超高速のB1戦略爆撃機(米軍提供)
韓国に展開されるとみられる超高速のB1戦略爆撃機(米軍提供)【拡大】

 米軍が、北朝鮮封殺に乗り出す−。在韓米軍関係者は12日、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長率いる北朝鮮が5回目の核実験を強行したのを受け、米空軍の戦略爆撃機を韓国に飛来させると語った。米領グアムに配備されている超高速のB1戦略爆撃機とみられる。米軍による核攻撃能力を誇示し、北朝鮮の挑発行動をけん制する狙いだ。

 戦略爆撃機は当初、12日に韓国上空を飛行する予定だったが、離陸場所の天候悪化で13日に延期したという。共同通信が報じた。

 米軍はまた、韓国軍と合同で10月10〜15日に韓国西方の黄海と南部済州島沖で行う演習に、米海軍横須賀基地(神奈川県)が母港の第7艦隊の原子力空母「ロナルド・レーガン」を派遣することも決めた。

 B1は、低空を超高速で敵地に侵入する戦略爆撃機で、全長44・8メートル、全幅41・6メートル、最大速度はマッハ1・2。可変後退翼を採用する。ステルス性能も保有しており、愛称は「ランサー(=やり)」だ。

 米軍は今年1月、北朝鮮の4回目の核実験から4日後にB52戦略爆撃機「ストラトフォートレス(=成層圏の要塞)」を韓国に飛来させ、北朝鮮を威嚇した。

 B1はグアムから約2時間で朝鮮半島に到達できるとされる。

 こうしたなか、聯合ニュースは12日、複数の韓国政府消息筋の話として、北朝鮮北東部の豊渓里(プンゲリ)核実験場にある坑道のうち、これまで核実験が行われていない別の坑道でも核実験の準備が整ったと伝えた。正恩氏の暴走は止まらないのか。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。