サムスンに続き「現代自」も揺らぎ拡大 労組のスト、米でリコール… (2/2ページ)

2016.10.13

ソウルの現代自動車本社
ソウルの現代自動車本社【拡大】

 主力車種「ソナタ」のエンジンに欠陥があるとする米国での集団訴訟に対し、(1)無償修理の実施(2)すでに支出した修理費用の弁済(3)中古車として売った場合にエンジン欠陥のせいで売値が下がる分の補填(ほてん)−という和解案を提示せざるを得なかったのだ。対象は90万台弱だ。

 このニュースが伝わると、国内のユーザーが騒ぎ出した。米国で訴訟理由になったエンジン騒音と始動不良は、韓国でも問題にされていたからだ。現代自は「米国で生産された欠陥エンジンと、国内で製造したエンジンは違う」とコメントしたが、「米国のソナタも、国内のソナタも同じエンジンだ」とする内部告発が出ている。

 国内の蔚山(ウルサン)工場が台風18号で水浸しになり、ストが収拾されても稼働できないことなど、もう“おまけ”みたいなものだ。

 海運危機も収束の見通しが立たない。造船危機は、国策銀行の屋台骨を揺さぶっている。家計負債も増加の一途だ。

 政治の方も、大統領と“昵懇(じっこん)の人物”による不可解にして巨額の資金集めスキャンダルが燃え広がっている。韓国は「相対的」ではなく、まさに「総体的な状況悪化」の色を深めつつある。

 ■室谷克実(むろたに・かつみ) 1949年、東京都生まれ。慶応大学法学部卒。時事通信入社、政治部記者、ソウル特派員、「時事解説」編集長、外交知識普及会常務理事などを経て、評論活動に。主な著書に「韓国人の経済学」(ダイヤモンド社)、「悪韓論」(新潮新書)、「呆韓論」(産経新聞出版)、「ディス・イズ・コリア」(同)などがある。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。