プーチン氏は信用できるのか 日露首脳会談「共同経済活動論議」を一方的に暴露 (1/2ページ)

2016.11.24

一筋縄ではいかないロシアのプーチン大統領(AP)
一筋縄ではいかないロシアのプーチン大統領(AP)【拡大】

 ロシアのプーチン大統領が“クセ球”を投げてきた。ペルーでの20日(日本時間21日)の記者会見で、北方領土について「国際文書でロシアの主権があると承認された領土だ」と明言し、安倍晋三首相との19日(同20日)の首脳会談で、北方4島での「日露の共同経済活動」について話し合ったことを暴露したのだ。ロシアを簡単に信じてはならない。

 プーチン氏は会見で、戦後71年たちながら、両国間で平和条約が結ばれていない状態を「時代錯誤であり、両国関係の発展を阻害している」と述べつつ、「平和条約(締結)への道は簡単でもない」といい、早期の条約締結の可能性に対し否定的な見通しを示した。

 ロシアはこれまでも「共同経済活動」を閣僚や事務レベルでは提案してきた。日本はこれに対し、ロシアの管轄下で活動に参加することは、ロシアの実効支配を強めると拒んできた。

 

今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。