朴大統領、逆ギレ「戒厳令」強行も 200万人デモ、裏に北朝鮮の影 (1/3ページ)

2016.11.26

退陣要求デモはさらに拡大しそうだ=12日、ソウル(大西正純撮影)
退陣要求デモはさらに拡大しそうだ=12日、ソウル(大西正純撮影)【拡大】

 韓国で吹き荒れる朴槿恵(パク・クネ)大統領の退陣要求デモ。最新の支持率が4%に下落し、26日には全国で200万人が参加するとの報道もあるなか、デモの裏には金正恩(キム・ジョンウン)氏率いる北朝鮮の影が浮上、韓国当局も北が扇動を強化しているとの認識を示す。国会で朴氏の弾劾訴追案が早ければ12月2日にも採決される見込みだが、デモが暴動に発展した場合、朴氏が戒厳令を出す可能性もあり、緊迫度が高まっている。

 朝鮮日報(電子版)によると、韓国ギャラップが25日に発表した世論調査で、朴氏の支持率は前週の5%から4%に低下し、史上最低を更新。不支持率は3ポイント上昇の93%にも上った。

 そんな中、朴氏の退陣を求めて毎週土曜日に開かれている大規模集会が開かれる。主催者側によると、19日にはソウルで推計60万人、地方で同35万人、警察によればソウルで同17万人、地方で同7万人が参加した。

 デモの参加者の多くはロウソクを持ち、プラカードには朴氏の辞任を求める言葉が記されている。「ハヤ(下野)、ハヤ、ハヤ」と連呼する「これが国か」という歌を歌う光景も見られた。

 デモに「北朝鮮の影」を感じるという拓殖大学の荒木和博教授は言う。

 「韓国でデモをやると、たいていむちゃくちゃになる。自然発生的に起きれば何か大きなトラブルが起きるが、今回は起きていない。ロウソクやプラカードがたくさんそろっており、ものすごく組織化されている。デモを指導している中に、コントロールができる者がいないとあり得ない」

 
今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。