トランプ氏と蔡総統が電話協議…中国外務省は抗議 79年の米台断交後初

2016.12.04

 【ワシントン=加納宏幸、ニューデリー=岩田智雄】トランプ次期米大統領は2日、台湾の蔡英文総統と電話協議し、「米国と台湾の経済、政治、安全保障面での緊密な結びつき」を確認した。蔡氏は今年5月に就任しており、両者は互いに祝意を伝え合ったという。トランプ氏の政権移行チームが発表した。

 米大統領は1979年に当時のカーター大統領が米中の国交を正常化させて以来、「一つの中国」原則を認識し、異論を唱えないとする立場から台湾の総統との接触を控えてきた。米メディアによると、米大統領や当選した次期大統領との協議が明らかになったのは79年以来初めて。

 トランプ氏は中国の習近平国家主席とも11月14日に電話で協議した。中国側によると両氏は早期の会談実現や米中関係強化で一致。トランプ氏が助言を受ける米中国交正常化の立役者、キッシンジャー元国務長官も2日に北京で習氏と会談した。

 中国外務省は3日、「米国の関係方面に厳正な申し入れを行った」として、トランプ氏側に抗議したことを明らかにした。

 米国は、対中国交正常化と同時に台湾と断交したが、台湾関係法に基づき台湾を軍事支援し、中国による武力侵攻を牽制(けんせい)してきた。

 一方、トランプ氏は2日、フィリピンのドゥテルテ大統領とも電話協議し、来年中の自国訪問を求め合った。ドゥテルテ氏の米国批判で悪化した関係が改善に向かう可能性がある。

 トランプ氏とペンス次期副大統領は50カ国・地域以上の首脳と協議。パキスタン首相府は、トランプ氏が11月30日のシャリフ首相との電話協議で「未解決の問題」の解決へ役割を果たすと述べたと発表した。

 パキスタンにとり未解決問題とは通常、インドとのカシミール地方帰属権問題を指し、米次期政権を自国側に手繰り寄せようと電話協議を利用したといえそうだ。

▼簡単登録の『プッシュ通知』始めました。詳しくはこちらへ

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。