ドゥテルテ大統領の自宅に毎日観光客200〜700人訪問 (1/2ページ)

2016.12.17

 米国に挑戦状を叩きつけ、中国への接近を仄めかしたかと思えば、周囲が火消しに奔走。国内では麻薬撲滅を強行し、国民から喝采を受ける。フィリピンの盟主がここまで注目を浴びたことはあっただろうか。ノンフィクションライターの水谷竹秀氏が、ロドリゴ・ドゥテルテ大統領(71)、その原点の地を歩く。

            * * *

 緑一色に染まった二階建ての質素な民家の前で、フィリピン人たちが右拳を突き上げ、ドゥテルテ大統領お得意のポーズで写真に収まっている。撮影が終わると近くの露店に並ぶキーホルダーやステッカーなどのドゥテルテグッズ(20ペソ=約40円から)を購入し、帰っていく。しばらくするとまた別の一団がぞろぞろと歩いてくる。その光景はまるで観光地さながらだ。

 ここはマニラから飛行機で南に約一時間半、ミンダナオ地方ダバオ市の住宅街にあるドゥテルテ大統領の自宅である。私が訪れた11月半ばのある週末、大統領は公務のためか不在だった。周辺に詰めている警備員の男性はこう説明する。

 「フィリピンの全国各地から毎日このように観光客200〜700人ぐらいが訪れます。以前は24時間見学可能でしたが、安全上の理由から最近は午後5時までと時間制限を設けました」

NEWSポストセブン

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。