トランプ氏大荒れ初会見 買春ビデオ追及「すべて偽情報」猛烈反発 「ロシアが入手」情報出回る (2/3ページ)

2017.01.13

トランプ氏は、一部メディアの醜聞報道にブチ切れた=11日、米ニューヨーク(AP)
トランプ氏は、一部メディアの醜聞報道にブチ切れた=11日、米ニューヨーク(AP)【拡大】

 米CNNテレビや、米ニュースサイト「バズフィード(BuzzFeed)」などが10日、「ロシアが、トランプ氏の私生活などに関する不名誉な情報をつかんでいるようだ」と報じ、大騒ぎになっていたのだ。この未確認情報は、米情報機関が先週、トランプ氏に行った報告に含まれていたとされ、FBI(連邦調査局)が信憑(しんぴょう)性を精査しているという。

 CNNは情報の詳細を伝えていないが、バズフィードは「真偽の確認はとれていない」と前置きして、35ページものメモを公表した。メモでは、トランプ氏が2013年、モスクワのホテルに宿泊した際に盗撮された売春婦とのセックス動画についての言及があったという。オバマ米大統領夫妻が就寝したとされるベッドに売春婦が放尿したとの記述もあるとされる。

 トランプ氏はこれらの報道を受けて、ツイッターで「フェイク・ニュース。政治的魔女狩りだ!」などと猛烈に反発した。11日の会見でも報道に触れて、「すべて偽情報。われわれの敵がゴミを集めた。インチキだ」などと激しく批判し、「恐らく情報機関が流した。本当に恥さらしだ」といい、これらの行為はナチス・ドイツに匹敵すると不快感を示した。

 この未確認情報は、ワシントンで数カ月前から出回っていたという。ただ、事実の証明ができなかったため、多くのメディアは報じなかった。CNNやバズフィードの報道について、「認められない」「一線を越えた報道」と批判する主要メディアもある。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。