台湾「最強」特殊部隊が血染めの最終試験、過酷さに異論も 石敷きの道をほふく前進…市民反発「いじめだ」 (2/2ページ)

2017.01.16

高雄で行われた海兵隊特殊部隊の入隊試験で、石の上をほふく前進する志願兵
高雄で行われた海兵隊特殊部隊の入隊試験で、石の上をほふく前進する志願兵【拡大】

  • <p></p>

 40分以上かけて踏破すると、その場で肩章が渡される。「痛いか」と聞く上官に「痛いです。でも蛙人は痛みを恐れません」と大声で返しても、体中に消毒液を塗られ顔をしかめる者もいた。家族と抱き合った新隊員の手は、痛みのせいなのか、興奮しているのか、小刻みに震えていた。2度目の志願で合格した蘇良中上等兵(25)は「台湾最強部隊の試験を突破し誇らしい。この思い出は一生忘れない」と話した。

 ■「志願者を鼓舞」

 試験は、昨年5月の蔡英文政権発足直前、立法院(国会)で多数となった民主進歩党の立法委員(国会議員)が「親が子供を入隊させたがらなくなる」と批判し、論争となった。背景には、徴兵制と志願制が併存する現状から、2018年に志願制への完全移行を目指しているにもかかわらず、志願兵の比率が目標に達していないことがある。13年には訓練中の規律違反で処分を受けた陸軍の新兵が死亡。「いじめだ」と反発した市民のデモを受け、軍法会議が廃止された。

 だが、国防部の陳中吉報道官は「堅実な訓練、強大な力があってこそ国家の安全は保たれる。(試験は)募集面で志願者を鼓舞する効果がある」と強調した。

▼簡単登録の『プッシュ通知』始めました。詳しくはこちらへ

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。