トランプ政権、対中強硬路線で韓国に踏み絵 識者「駐韓大使帰任に慌てるな。日本は何も困らない」 (1/3ページ)

2017.01.17

吠えるトランプ氏に文在寅氏ら韓国の大統領候補はどう動くか(ロイター)
吠えるトランプ氏に文在寅氏ら韓国の大統領候補はどう動くか(ロイター)【拡大】

  • <p>文在寅氏</p>

 日米両国が、韓国に「究極の踏み絵」を迫る−。釜山の日本総領事館前に、日韓合意やウィーン条約に反する慰安婦像が新設された問題で、「対中強硬路線」を明確にし、20日に就任するドナルド・トランプ次期米大統領の動向が注目されている。韓国の大統領選で、中国や北朝鮮に近い「極左政権」ができる可能性が高いため、トランプ政権が韓国に厳しい姿勢を取りそうなのだ。隣国は自由主義陣営で孤立化するのか。

 「韓国政府も(一昨年の慰安婦をめぐる)日韓合意を履行していく立場には変わりない。尹(ユン)氏の発言はこうした韓国政府の立場に沿ったものだ」

 岸田文雄外相は14日、韓国の尹炳世(ユン・ビョンセ)外相が、慰安婦像撤去を求める日本側の主張に理解を示したことについて、地元・広島で記者団にこう語った。

 外交摩擦を極端に嫌う外務省のトップらしい慎重な発言だが、「ポスト安倍」候補としては赤点ではないか。どうして、国際社会のルールを破った韓国に対し、「慰安婦像を撤去しろ」「日韓合意を守れ!」と強く言わないのか。これでは、日本国民の怒りは収まりそうにない。

 NHKが10日公表した世論調査では、駐韓大使らの一時帰国、日韓スワップ協定再開の協議中断などの対抗措置について、「評価する」が50%で、「評価しない」は9%だった。圧倒的多数が、隣国への強硬姿勢を支持している。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。