米軍台湾駐留が急浮上、元米国連大使が提言 識者「中国牽制にトランプ氏の『強烈な反撃』かも」

2017.01.19

寄稿で中国を強く牽制したボルトン氏(ロイター)
寄稿で中国を強く牽制したボルトン氏(ロイター)【拡大】

 ドナルド・トランプ次期米大統領が、かつてない「対中強硬策」を選択する可能性が出てきた。次期政権での国務副長官起用が取り沙汰されるジョン・ボルトン元米国連大使が17日付のウォールストリート・ジャーナル紙に寄稿し、「米軍の台湾駐留によって東アジアの軍事力を強化できる」と述べ、在沖縄米軍の台湾への一部移転を提案したのだ。「台湾統一」を目指す中国の習近平国家主席と、真正面から激突するのか。

 ボルトン氏は「台湾は地政学的に東アジアの国に近く、沖縄やグアムよりも南シナ海に近い」と指摘。軍事的覇権を強める中国への牽制(けんせい)に加え、沖縄米軍の一部を台湾に移すことで「日米摩擦を起こしている基地問題をめぐる緊張を和らげる可能性がある」と述べた。

 また、「海洋の自由を守り、一方的な領土併合を防ぐことは米国の核心的利益だ」と強調。台湾との軍事協力の深化は「重要なステップだ」とした。

 トランプ氏は、台湾の蔡英文総統との電話会談に踏み切ったうえ、中国が「核心的利益」と位置付ける台湾問題で、「1つの中国」政策を見直す考えを示している。

 ボルトン氏の寄稿をどうみるべきか。

 国際政治学者の藤井厳喜氏は「東アジア情勢にとって大変良い発信だ。もともと、在沖縄米軍は朝鮮半島情勢への対応と同時に、台湾防衛の意味も持っていた。中国は、トランプ氏が『1つの中国』に疑義を示したことに反発し、空母『遼寧』を台湾周辺に派遣して牽制した。これに対する、トランプ氏の『強烈な反撃』かもしれない。ボルトン氏は現在民間人だが、トランプ政権に近い人物であり、中国に対する極めて強い抑止力になる」と語った。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。