トランプ大統領、真の「敵」中国攻撃指令 IS殲滅を宣言「テロを地球上から根絶させる」 (2/3ページ)

2017.01.23

厳重な警戒のなか行われたパレードで、大統領専用車を降り、ホワイトハウスに向かって歩くトランプ大統領とメラニア夫人=20日、ワシントン(AP)
厳重な警戒のなか行われたパレードで、大統領専用車を降り、ホワイトハウスに向かって歩くトランプ大統領とメラニア夫人=20日、ワシントン(AP)【拡大】

 一方、名指しこそしないものの、中国の存在を強く意識している様子が浮かぶ。

 前出の主要政策では、サイバー戦争への備えを強調したトランプ氏だが、就任前に、サイバー攻撃の「犯人」として中国を名指しし、「十分な対策が講じられていないために、2200万ものアカウントが中国によってハッキングされた」と述べているのだ。

 中国に対するトランプ氏の「口撃」は経済面にも及んでいた。「中国との貿易では、年に何千億ドル規模で損失をこうむっている」。人事面では、商務長官にウィルバー・ロス氏を指名し、新設される「国家通商会議」の委員長にピーター・ナバロ氏を充てることを発表している。いずれも対中強硬派として知られている人物だ。

 1979年の米中国交正常化以来、歴代米政権が堅持してきた「一つの中国」原則についても、トランプ氏は縛られない立場を打ち出している。

 中国がトランプ氏の最大の敵の一つとみる福井県立大の島田洋一教授は「大統領をはじめ国務長官、国防長官予定者のいずれも一致して批判しているのが中国だ」として、中国に対する行動としてこう予想する。

 「トランプ氏が一番言い続けているのは、米政府だけでなく米企業に対する中国のサイバー攻撃だ。具体的には米からもサイバーの反撃をするということを言っている。台湾問題すらカードに使うという姿勢で、中国に対して『トランプ氏がどこまでやるか分からない』と恐怖心を与えている」

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。