「品性疑う」観音寺前住職が韓国司法に苦言 識者「意図的に反日的な判決を出したか…」 (1/2ページ)

2017.01.28

仏像を盗まれた観音寺の田中前住職は怒り心頭だ
仏像を盗まれた観音寺の田中前住職は怒り心頭だ【拡大】

  • <p>観音寺から盗まれた「観世音菩薩坐像」(聯合=共同)</p>

 日本人の「韓国=異常な国」という認識が、ほぼ確定しそうな判決が出た。大田(テジョン)地裁は26日、長崎県対馬市の観音寺から韓国人窃盗団によって盗まれて韓国に持ち込まれた仏像を、観音寺ではなく、韓国の寺に引き渡すことを命じたのだ。日韓合意やウィーン条約に反する慰安婦像設置を受けて一時帰国した駐韓大使の帰任は、さらに遠くなりそうだ。

 「品性を疑う判決。『これが韓国という国なのか、やはり理解できない国だ』と改めて感じた」

 観音寺の前住職、田中節孝氏(70)は、こう言い切った。

 当然の怒りだ。世界中どこでも、余程の事情がない限り、盗品は元の場所に返却される。だが、韓国司法は、「14世紀に倭寇に略奪されたものだ」と主張した韓国の浮石(プソク)寺の請求を認めたのだ。

 浮石寺が本来の所有者である証拠は乏しい−との見解を示していた韓国政府は即日控訴した。

 前出の田中氏は「理屈が通らない国だというのは分かっていたので、予想通りの結果ではある」「慰安婦問題にしてもそうだが、すぐに過去を蒸し返す気質なのだろうか。韓国とは分かり合えないのでしょうね。永遠に」と突き放すように言った。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。