【ドキュメント永田町】安倍−トランプ電話会談の全容判明 中国、北朝鮮の脅威認識で一致 日米「戦略的蜜月関係」へ (1/5ページ)

2017.02.01

安倍首相(右)と、トランプ大統領は「最高の同盟」を構築する(AP、ロイター)
安倍首相(右)と、トランプ大統領は「最高の同盟」を構築する(AP、ロイター)【拡大】

 安倍晋三首相と、ドナルド・トランプ米大統領が、中国と北朝鮮の軍事的脅威への厳然とした認識で一致した。1月28日深夜の電話会談で確認した。トランプ氏は「2人で最高の同盟をつくろう」と呼びかけたという。「メキシコ国境の壁建設」や「難民やイスラム圏からの入国禁止」など、トランプ氏は過激な大統領令で批判を浴びているが、「対中強硬姿勢」を鮮明にしているアジア地域では「日本を欠くべからざるパートナーだ」と判断しているとみられる。ジャーナリストの山口敬之氏が、42分間に及んだ電話会談の全貌と、安倍政権の覚悟に迫った。

 突然発表された電話首脳会談。日米関係の重要性やアジア情勢について話し合った−というのが官邸の発表だが、具体的なやり取りは、ほとんど明らかにされていない。

 だが、取材を進めると、トランプ氏の発言は日本側の事前の予想とは、まったく異なるテイストだったことが分かった。

 トランプ氏は就任後も選挙中の発言に沿った強硬姿勢を維持し、有言実行の「強い大統領」であることを強調してきた。実際、ドイツやフランスとの電話首脳会談で、NATO(北大西洋条約機構)の米軍駐留経費の負担増を求め、同盟国との軋轢(あつれき)も辞さない姿勢を明確にした。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。