暴走トランプ氏、米政権幹部が「米中戦争70%超」明言 狂犬来日に中国が挑発仕掛ける恐れ (1/3ページ)

2017.02.03

緊迫するトランプ、マティス両氏(ロイター)と習国家主席(AP)。ナバロ氏の著書が危機を訴える
緊迫するトランプ、マティス両氏(ロイター)と習国家主席(AP)。ナバロ氏の著書が危機を訴える【拡大】

  • <p>カリフォルニア大学のピーター・ナバロ教授の著書『米中もし戦わば−戦争の地政学』(文藝春秋)</p>

 ジェームズ・マティス米国防長官が3日、来日した。ドナルド・トランプ大統領は「メキシコ国境に壁建設」「イスラム圏7カ国からの入国禁止」といった大統領令を連発して世界を驚かせ、批判も浴びている。「狂犬」と恐れられるマティス氏を急きょ訪日させる狙いは何か。「中国が軍事的挑発を仕掛ける恐れがある」「米中衝突に備えた『秘密協議』が目的ではないか」と分析する識者もいる。現に、トランプ政権の幹部は、米中戦争などの確率を「70%以上」と著書に記していた。

 「2人で最高の同盟をつくろう」「いち早く、マッド・ドッグ(狂犬)を日本に派遣するのでよろしく。これは非常に意味がある」「彼は専門家で信頼している。いろいろ話してほしい」

 トランプ氏は1月28日深夜、安倍晋三首相との電話首脳会談でこう呼びかけたという。会談では、中国や北朝鮮の軍事的脅威について、厳しい認識で一致した。

 米国防総省のデービス報道部長は同月30日、マティス氏の日韓歴訪について「(両国は)最も重要な同盟国」「強固な同盟関係を維持する」「(アジア政策で)大きな変化を打ち出す意図はない」といい、米軍駐留経費の負担増などは求めないことを示唆した。

 それにしても、国防長官が就任後2週間で訪日するのは極めて異例。40年を超える軍歴を誇る退役海兵隊大将が、単なるあいさつ回りで地球を半周するとは考えにくい。

 日本訪問について、国際政治学者の藤井厳喜氏は「日米同盟の強化は間違いない。加えて、米大統領の交代直後に、中国は意図的に危機を演出する傾向がある。これに対する『内々の協議』をする必要が出てきたのではないか」と分析した。

 
今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。