韓国「赤化」危機 潘基文氏潰され…次期大統領選、「反日」「従北」の文在寅氏が支持率トップ (1/2ページ)

2017.02.03

大統領選不出馬を表明後、報道陣に囲まれる潘基文氏=1日(聯合=共同)
大統領選不出馬を表明後、報道陣に囲まれる潘基文氏=1日(聯合=共同)【拡大】

  • <p>「共に民主党」の文在寅前代表</p>

 韓国が「赤化」の危機を迎えた。次期大統領選の有力候補とされた潘基文(パン・ギムン)前国連事務総長が韓国メディアや世論のバッシングで不出馬に追い込まれ、最大野党「共に民主党」の文在寅(ムン・ジェイン)前代表がさらに優勢となったからだ。文氏は「反日」「従北」「反米」の政治家として知られる。日米韓同盟の破綻や朝鮮半島の「赤化統一」も冗談でなくなるかもしれない。

 潘氏は1日の記者会見で、「人格殺害に近い陰謀とさまざまな嘘のニュースで政治交代の名分がなくなった」「個人と家族、10年間務めた国連の名誉を傷つけた」と不出馬の理由を述べた。

 潘氏をめぐっては、贈賄事件で親族が起訴され、潘氏本人の裏金疑惑まで報じられていた。さらに、国連事務総長時代には慰安婦問題をめぐる日韓合意を評価しながら、1月に韓国に帰国すると、合意に基づいて日本政府が拠出した10億円について「10億円が像撤去に関連するのなら間違いだ。ならば金を返さねばならないということだ」と批判に転じた。

 スキャンダルや慰安婦問題での主張変遷がメディアでたたかれたこともあり、次期大統領選の世論調査で、潘氏はトップの文氏に差を広げられていた。慰安婦問題の主張をみれば、潘氏も十分「反日」だが、次期大統領選で優位に立った文氏は輪をかけて危険な人物といえる。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。