【世界大炎上】大事な事はなぜ報道されない? 戦後日本の禁句に立ちすくむメディアや識者 (1/2ページ)

2017.02.16

安倍首相はアーリントン国立墓地で、無名戦士の墓に献花した=10日、米ワシントン郊外(AP)
安倍首相はアーリントン国立墓地で、無名戦士の墓に献花した=10日、米ワシントン郊外(AP)【拡大】

★(3)

 連日の報道により、情報も出尽くしたかと思われる安倍晋三首相の訪米と日米首脳会談だが、実は報道には相当偏りがある。報じられない重要な事柄や言葉があり、それらをつなげてみると面白いことが見えてくる。

 第1は、安倍首相がワシントン郊外のアーリントン国立墓地で、米国の戦没者に献花した際の全容である。一部メディアで、首相が献花したという事実と、花輪を掲げる瞬間の写真は辛うじて流れたが、これでは事の本質が伝わらない。

 アーリントンでの献花の際、日本国総理大臣は、米国の陸、海、空、海兵隊の四軍による特別儀仗(ぎじょう)という栄誉礼で遇された。四軍の士が整列するところへ、大きな日章旗とともに安倍首相が現れ、軍楽隊によって日本の国歌・君が代が演奏される。続いて米国国歌が奏でられた後、首相は献花台へと歩を進めたのだ。

 一連の動作、情景は厳粛でかつ美しかった。が、多くの日本国民は見ていない。たまさか筆者は、ワシントン・ポストのフェイスブックに上げられた映像で見、1人でも多くの人が見るべきと思いシェアした。

 第2は、日米共同声明の内容についてである。

 沖縄県・尖閣諸島が、日米安全保障条約5条の適用範囲と明記されたことはいうが、声明の冒頭に「核と通常戦力の双方によるあらゆる種類の米軍の軍事力」で日本の防衛にコミットすると書かれてあることには触れない。いわゆる核の傘の言明である。

 
今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。