ロシア最新鋭ミサイル、20年までに中国へ供与 「まず自国軍に供給し、その後に外国に…」

2017.02.17

 16日のインタファクス通信によると、ロシア軍需関連国営企業ロステフ幹部は、ロシア製の最新鋭対空ミサイルシステムS400が2020年までに中国へ供与されると述べた。

 同社は15年に供与契約を結んだと発表していたが、引き渡しが遅れている。同社は「武器はまず自国軍に供給し、その後に外国に売るという規則がある」と説明していた。

 ロシアはS400の外国への供与を中国、インドにしか認めていない。(共同)

▼簡単登録の『プッシュ通知』始めました。詳しくはこちらへ

 
今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。