ヒットマンや愛人も養成?飲料工場まで経営し始めた高麗航空

2017.03.06

「炭酸甘水」
「炭酸甘水」【拡大】

 金正男氏暗殺事件でマレーシア警察当局は高麗航空関係者2人の行方を追っている。第1に実行犯グループに関与して重要参考人となったキム・ウクイル職員(37)。もう1人は正男氏の愛人で、マカオ在住の元客室乗務員、ソ・ヨンラ氏(41)だ。加害者側と被害者側が共に高麗航空の関係者というのは、単なる偶然かもしれない。

 それにしても近年、高麗航空は多方面に事業を拡大し、北朝鮮内では財閥のような存在になりつつある。豊富な資本力は、航空マニアの金正恩党委員長の息がかかったとみるのが自然だ。

 写真は、平壌市にある高麗航空飲料工場が発売した「炭酸甘水」。高級ホテルで新発売されたとか。ついに飲料工場まで経営を始めたとは驚きだが、ヒットマンや愛人の養成も手掛けているのだろうか…。 (北朝鮮ウオッチャー、金正太郎)

 
今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。