トランプ政権、中国企業に過去最高額の罰金 北とイランに通信機器を違法輸出で

2017.03.09

 トランプ政権は7日、中国の通信機器大手、中興通訊(ZTE)が、北朝鮮とイランに米国製の通信機器を違法に輸出したことを認め、計11億9000万ドル(約1360億円)の罰金を支払うことに合意したと発表した。輸出規制品の取り締まりを巡る罰金額としては過去最高としている。

 トランプ政権は発足以来、北朝鮮が2度にわたって弾道ミサイル発射に踏み切ったことにいらだちを強めている。北朝鮮と経済的結び付きの深い中国について、北朝鮮の挑発行為抑止に向けた影響力行使が不十分だとの見方もあり、過去最高額の罰金を科すことで中国側に圧力をかける狙いもあるとみられる。 (共同)

 
今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。