慰安婦像に「公共造形物」指定の動き 徴用工の像設置案も…菅官房長官、強い不快感「適切な対応求める」 (1/2ページ)

2017.03.09

1日、ソウルで開かれた抗議集会で、慰安婦問題に関する日韓合意の撤回を求める人々と慰安婦像(ロイター)
1日、ソウルで開かれた抗議集会で、慰安婦問題に関する日韓合意の撤回を求める人々と慰安婦像(ロイター)【拡大】

 【ソウル=名村隆寛】韓国・釜山(プサン)の日本総領事館前に慰安婦像を設置した国際条約違反に、日本政府が長嶺安政駐韓大使の帰国などの対抗措置を取って9日で2カ月となる。しかし、像が撤去されないばかりか、逆に「公共造形物」に指定する動きもある。「公共物に指定されれば、容易に撤去できない」との狙いがうかがえ、状況はむしろ悪化している。

                     ◇

 日本による朝鮮半島統治下の1919年に起きた「3・1独立運動」の記念日の今月1日、釜山の総領事館付近では抗議集会が開かれ、総領事館に向け非難の声が浴びせられた。慰安婦像設置と同様、外国公館の威厳の侵害を禁じたウィーン条約に反した行為だ。

 警察は当初、集会を禁止したが、主催団体の仮処分申請を受けた釜山地裁が「外交機関の機能や安寧を侵害する懸念は低い」とし許可した。釜山では市議会議員が先月末、慰安婦像の公共造形物指定を求める条例案を発議するなど、像保存の動きは強まっている。

 また、ソウルの日本大使館前の慰安婦像も公共造形物に指定されそうだ。地元の鍾路(チョンノ)区では4月にも区議会本会議で「像を公共造形物と規定し、区が管理する」との内容の案が可決される見通しという。

 日本の公館前に違法設置された慰安婦像はソウルと釜山の2カ所だが、韓国各地で慰安婦像の公共造形物への指定が広がっている。2015年の江原道(カンウォンド)原州(ウォンジュ)市を皮切りに、今月には、忠清北道(チュンチョンプクト)堤川(チェチョン)市、京畿道(キョンギド)安養(アニャン)市、全羅(チョルラ)北道益山(イクサン)市で慰安婦像を“公共物”とする流れが相次いでいる。

 
今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。