反日の文在寅氏、産経元ソウル支局長を援護していたが… (1/3ページ)

2017.03.15

 産経新聞元ソウル支局長の加藤達也氏は、次期大統領筆頭候補・文在寅(ムンジェイン)氏と何かと縁がある。コラム問題(※注1)で朴政権と法廷闘争を繰り広げていた際、援護射撃をしてくれたのが文氏だったのだ。その正体とは。

 【※注1/2014年8月、セウォル号事件の政権対応の不備を、韓国紙の記事などを引用しながら綴った産経コラムが「名誉毀損罪」で起訴される。加藤氏は出国禁止の身のまま1年半も、刑事裁判の法廷に立つ。2015年12月、「無罪」を勝ち取る】

               * * *

 文在寅氏といえば、第16代大統領の盧武鉉(ノムヒョン)氏との関係を抜きには語れません。文氏は学生時代から民主化運動に携わり、朴正煕(パクチョンヒ)軍事政権下の1975年には投獄されたこともある。

 卒業後、司法試験に合格。1982年、既に弁護士の立場から民主化運動に関わっていた盧氏と共同事務所を釜山に開きます。7歳下の文氏への信頼感は相当なもので、のち左派政治家として地歩を固めた盧氏が大統領を目指すにあたって、文氏を釜山地区の選対部長に抜擢しました。

 私が韓国に語学留学していた2004年秋から翌春頃は、盧武鉉政権の中盤。国会での弾劾訴追から憲法裁での罷免不可の判断を経た時期で、政権はなんとも慌ただしい雰囲気でした。

 盧氏のキャラをひと言で評すれば「お調子者」。時折、国民の関心が高いサプライズ政策を発する。でも、“ホラ”も多いんです。ブレーンたちはその中で実現性があり、盧氏の政治理念に適うものを取捨選択し、実現にむけた実務を担った。だから「側近重用政治」ともいわれます。

NEWSポストセブン

 
今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。