日本にも?衛生基準外の食肉を中国などに販売 ブラジル当局が捜査

2017.03.21

 ブラジルの大手2社を含む食肉加工業者が、政府の検査官や政治家らに賄賂を贈り、衛生基準に満たない肉や加工品を国内外に販売した疑いが強まり、同国捜査当局は18日までに工場などを一斉捜索し、幹部らの身柄を拘束した。不正がどの程度の規模で行われていたかは不明だが、今後各国で輸入規制が進む可能性も出てきた。

 報道によると、同国大手JBS社とBRF社を含む食肉業者らは化学薬品を使うなどして賞味期限切れをごまかし、賄賂を受けた検査官らは見て見ぬふりをして検査を通過させていたという。検査が偽装された肉は欧州や中国、中東に輸出されたとされる。

 農牧・食料供給省によると、ブラジルは世界約150カ国に食肉を輸出。2015年度の日本の貿易統計によると、日本のブラジルからの鶏肉の輸入は約43万トンで、全体の約77%を占めた。(共同)

▼簡単登録の『プッシュ通知』始めました。詳しくはこちらへ

 
今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。