中国が軍事威嚇を強化 対台湾で「東風16」配備

2017.03.21

 台湾の国防部(国防省)は20日、立法院(国会)に提出した国防情勢報告で「中国軍のロケット軍が台湾向けの新型の中・近距離弾道ミサイル『東風16』を配備した」と明らかにし、中国が台湾への軍事的威嚇を強めていると指摘した。

 東風16は射程千キロで、ミサイル防衛(MD)システムを突破する能力があるといわれ、台湾が持つ地対空誘導弾パトリオット(PAC3)などのMDシステムが無力化される可能性がある。

 報告は、中国は2016年に軍の部隊改革により統合作戦能力を向上させ、海、空軍の装備を更新して軍事力を強化していると指摘した。(共同)

▼簡単登録の『プッシュ通知』始めました。詳しくはこちらへ

 
今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。