勢いづく「韓国極左」 予備選圧勝の野党・文在寅氏、蘇る日韓「暗黒時代」OB 朴氏「3・31逮捕」へ (1/2ページ)

2017.03.29

文氏は予備選の初戦を制してガッツポーズを見せた=27日(共同)
文氏は予備選の初戦を制してガッツポーズを見せた=27日(共同)【拡大】

  • <p>逮捕の危機を迎えた朴氏(共同)</p>

 収賄容疑などで韓国検察が逮捕状を請求した朴槿恵(パク・クネ)前大統領の令状審査は30日に行われる。朴氏に逮捕の危機が迫る中、5月の大統領選では極左候補に追い風が吹く。「反日」で鳴らした盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権のOBらが早くも政府に口出ししていると伝えられている。日本にとっては「悪夢」の日々がよみがえろうとしている。

 ソウル中央地裁は30日午前から逮捕状発付の可否を審査し、31日未明には決定が出る見通しだ。逮捕状請求で、検察は高額の賄賂犯罪などを処罰する特定犯罪加重処罰法上の収賄容疑などを適用した。同法違反で有罪になれば、無期懲役も含む懲役10年以上の重刑となる。

 検察が朴氏の逮捕状を請求した27日、5月9日投開票の大統領選に向けた最大野党「共に民主党」の最初の予備選が南西部の光州(クァンジュ)で行われた。現在、世論調査でトップを走る文在寅(ムン・ジェイン)前代表が60%を超える約14万2000票を獲得し、圧勝した。

 同党の支持が比較的強い光州を中心とした全羅道(チョルラド)地域での圧勝は候補決定に向け、大きな弾みとなる。文氏は「今日の圧倒的な勝利を力に政権交代を成し遂げる」と述べた。すでに大統領就任を確信しているような文氏の言葉だが、韓国では左派勢力の「国政介入」ともいえる行為が進行している。

 韓国紙、朝鮮日報(日本語版)は今月15日、「大韓民国に憎悪を抱く占領軍気取りの左翼集団」と題する社説を掲載した。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。