米軍、先制攻撃準備!新型の最強爆弾を投入も イージス艦異例16隻配備 (3/3ページ)

2017.04.15

米軍は、新型の大規模爆風爆弾や、イージス艦で北朝鮮に力を誇示する(ロイター)
米軍は、新型の大規模爆風爆弾や、イージス艦で北朝鮮に力を誇示する(ロイター)【拡大】

  • <p>米軍は、新型の大規模爆風爆弾や、イージス艦で北朝鮮に力を誇示する(米海軍提供、ロイター)</p>
  • <p>平壌で13日行われた高層団地完成式典に登場した正恩氏は暴走を続けるのか(ロイター)</p>

 トランプ政権はさらに、強力な新型兵器を見せつけた。

 米軍は13日、アフガニスタンで過激派組織「イスラム国」(IS)のトンネル施設を対象に、大規模爆風爆弾(MOAB)による空爆を実施した。核兵器を除き、米軍が保有する爆弾の中で最大の破壊力を持つとされる。米メディアによると実戦使用は初めて。

 北朝鮮は、正恩氏の避難施設や軍事施設を地下に構築している。米軍はすでに地中貫通爆弾「バンカーバスター」を保有しているが、それ以上の強力爆弾を誇示することで、北朝鮮に警告を発したとみられる。

 トランプ氏は、記者団に北朝鮮へのメッセージかどうかは明言せず、「北朝鮮は問題だ。問題は解決する」と語った。

 世界最大の原子力空母「カール・ビンソン」に加え、イージス艦16隻も配備したことは、トランプ政権の覚悟と決意の表れなのか。

 軍事ジャーナリストの世良光弘氏は「イージス艦16隻とは、これまで北朝鮮が弾道ミサイルを発射した際、米軍が周辺海域に配備した数のほぼ2倍だ。北朝鮮がICBMや日本への弾道ミサイルを4、5発一気に発射した場合に備えての作戦だろう。北朝鮮は米国に対して『先制攻撃』をほのめかしているが、ミサイルを迎撃することで、それが無理だと分からせるため、これだけの数の艦をそろえたのではないか。逆にいえば、米国もこれまで以上に、北朝鮮の行動を深刻に考えている表れだ」と語った。

 
今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。