北ミサイル強行に爆発寸前のトランプ氏、暴挙押さえ切れない習氏脅迫 次は4・25核実験か (1/3ページ)

2017.04.18

「金日成主席の生誕105周年」の軍事パレードでミサイルを誇示した北朝鮮(AP)
「金日成主席の生誕105周年」の軍事パレードでミサイルを誇示した北朝鮮(AP)【拡大】

  • <p>習主席(ロイター)</p>

 ドナルド・トランプ米大統領が、中国の習近平国家主席による「北朝鮮対応」に爆発寸前となっている。金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が、米国の強硬姿勢におびえながらも、弾道ミサイル発射などの軍事的威嚇を続けているからだ。北朝鮮は25日の「建軍節」(朝鮮人民軍創建記念日)前後、習氏の顔に泥を塗る「6回目の核実験」などを強行するのか。米朝のチキンゲームのはざまで、習氏の権威が失墜危機にある。

 《北朝鮮問題で私たちと協力しているときに、中国を『為替操作国』と呼ぶだろうか。私たちは何が起こるかを見守るだろう》

 トランプ氏は16日、自身のツイッターにこう書き込んだ。北朝鮮が15日の「金日成(キム・イルソン)主席の生誕105周年」の翌日、東部新浦(シンポ)付近から弾道ミサイルを発射した(=直後に爆発)ことを受けた発信とみられる。

 言外に「習氏よ、北朝鮮を屈服させろ。さもなければ、中国を『為替操作国』に認定するぞ」と恫喝(どうかつ)しているように感じた。

 北朝鮮が15日に強行した軍事パレードは挑発的だった。

 潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)「KN11」(北朝鮮名『北極星』)や、陸上配備型に改良した新型中距離弾道ミサイル「KN15」(同『北極星2』)などに続き、新型の大陸間弾道ミサイル(ICBM)用とみられる発射管付き車両を初めて登場させた。

 トランプ政権は「レッドライン」(越えてはならない一線)として、「6回目の核実験」と「ICBM発射」を設定している。

 北朝鮮がこれらを無視した場合に備えて、原子力空母「カール・ビンソン」を中心とする第1空母打撃群や、迎撃ミサイルを搭載したイージス艦、攻撃型原子力潜水艦を朝鮮半島周辺に配備した。

 
今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。