国連安保理、北に「最大限の懸念」 米国連大使が不快感「ロシアだけが異議を唱えた」

2017.04.22

 国連安全保障理事会は20日、北朝鮮による16日の弾道ミサイル発射を強く非難する報道声明を発表した。北朝鮮が制裁決議を無視し核・ミサイル開発を続けていることに「最大限の懸念」を表明し、核実験をしないよう自制を求めた。

 ロシアの要求を受け、米国作成の当初案にはなかった「対話」による解決を促す文言も盛り込まれた。

 報道声明は安保理全15理事国の同意が必要。従来よりも厳しい内容を目指した米国のヘイリー国連大使は「ロシアだけが異議を唱えた」と不快感を示し、ロシアが反発するなど曲折もあったが、安保理の結束を優先させるため米国が妥協した。

 北朝鮮に影響力を持つ中国は当初から同意。シリアの化学兵器使用疑惑を巡って常任理事国の米ロの対立が先鋭化しており、北朝鮮の核・ミサイル開発問題での対応にも影響が出ている。 (共同)

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。