文政権、やっぱり日韓合意にケチ 問題蒸し返す非常識、日本の外務省は頼りなさ露呈 (1/2ページ)

2017.06.03

ソウルの日本大使館前の慰安婦像。いつまで違法設置を続けるのか
ソウルの日本大使館前の慰安婦像。いつまで違法設置を続けるのか【拡大】

 韓国の極左、文在寅(ムン・ジェイン)政権が本性を現した。2015年の慰安婦問題をめぐる日韓合意について、外務省報道官が1日、「合意を韓国国民の大多数が情緒的に受け入れられないという現実を認め、韓日両国が共同で努力し、問題を賢く克服していくことを韓国政府は希望している」と言い放ったのだ。決着した問題を蒸し返し、国家間の合意を守る気がないという非常識ぶりを示したといえる。

 文政権誕生前の3月、黄教安(ファン・ギョアン)前首相は「合意の趣旨と精神を心から尊重し、実践せねばならない」と演説した。外務省報道官もソウルの日本大使館前などに違法設置された慰安婦像について「望ましくない」との立場を説明していた。

 「舌の根も乾かぬうちに」とは、まさに韓国を表す言葉だろう。韓国外務省の第2次官に就任する趙顕(チョ・ヒョン)氏が1日、日韓合意を「非常に間違った合意」との認識を示したと聯合ニュースが伝えたのだ。

 
今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。