橋下氏&海江田氏、居座り 責任取らず続投宣言 参院選も「敗北必至」 (1/2ページ)

2013.06.24


負けても辞めない維新の石原(左)、橋下両共同代表【拡大】

 7月の参院選の前哨戦とされた東京都議選(23日投開票)は、自民党(59人)と公明党(23人)が候補者全員当選という完全勝利を収めたのに対し、第1党だった民主党は15議席と、共産党(17議席)の後塵(こうじん)を拝す、歴史的惨敗を喫した。日本維新の会も現有3議席から2議席に減らした。ところが、民主党の海江田万里代表や、維新の石原慎太郎、橋下徹両共同代表(大阪市長)は続投方針という。この“戦犯トリオ”が居座ったままでは、両党の参院選玉砕もあり得そうだ。

 「(辞任は)全くない。(7月の参院選と)一体の選挙だ」

 海江田氏は都議選が投票中の23日午後、那覇市内で記者団に対し、早々と続投宣言をした。細野豪志幹事長に至っては「考え方は受け止めてもらえたとは思う」と居直った。

 そんなことを言える結果なのか。民主党の得票数は2009年都議選の約230万票から今回は約69万票で3分の1以下に激減した。

 特に、東京選出の海江田氏の責任は極めて重い。地盤である東京1区は千代田、港、新宿区だが、ここで民主党候補は1人も当選できなかったのだ。投票直前に、わが国史上最大の消費者被害とされる「安愚楽牧場事件」で逮捕者が出て、経済評論家時代に海江田氏が同牧場の資産運用術を絶賛していたことが改めて注目されたことも痛手だった。

 毎日新聞は24日朝刊の「社説」で、「海江田万里代表が著しく発信力を欠き、今国会で党が存在感を発信できなかったことの証明でもある」と断罪した。都議選の開票結果が分かった23日夜、報道陣の前に姿を現さなかった海江田氏に、説明責任を果たす姿勢は感じられない。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。