【激闘 参院選】参院選“有名人候補”当落予測 ワタミ創業者、元格闘家… (1/2ページ)

2013.07.06

 参院選(21日投開票)で有権者が注目するのは、地元・選挙区の候補者の当落とともに、テレビや新聞で見かける比例区の有名人候補らだ。今回も企業創業者や経済評論家、五輪金メダリスト、元タレント、元格闘家など、輝かしい実績と名声を持つ人々が出馬している。各党の主な有名人候補20人をリストアップし、政治評論家の浅川博忠氏と夕刊フジで情勢を分析した。

 安倍晋三首相が推進する経済政策「アベノミクス」の追い風に乗る自民党からは、有名人候補が複数出馬している。最も注目されているのは、一代で外食から介護、環境、農業分野まで広がるワタミグループを築き上げ、「政界に経済の力を注入したい」と語る渡辺美樹氏だろう。

 2011年の東京都知事選では101万票を獲得したが、ネットや週刊誌などで「ブラック企業」批判が吹き荒れている。渡辺氏は「事実でない誹謗中傷を受けた」といい、地道に支持拡大を目指している。

 浅川氏は「都知事選のころは、渡辺氏は『ベンチャー企業の旗手』『立志伝中の人物』という印象だったが、一連のバッシングでイメージはかなり傷ついた。自民党比例区は29人擁立して22議席ぐらい行きそうだが、渡辺氏は当落線上ではないか」と語る。

 このほか、同党からは元東京地検公安部長で弁護士の若狭勝氏や、「月面宙返り(=ムーンサルト)」で知られる五輪体操金メダリストの塚原光男氏、元K−1戦士で「掟破りの空手家」「怪獣王子」の異名を取った佐竹雅昭氏らが出馬。若狭、塚原両氏は「やや優勢」という分析だ。

 海江田万里代表率いる民主党は今回、いわゆる「タレント候補」はいない。昨年末の衆院選惨敗の流れが続いており、現職候補や組合系候補を優先したためとみられる。

 有名候補としては、鹿野道彦元農水相と石井一元自治相という大物2人が出馬するが、浅川氏は「鹿野氏は農水相時代の中国人スパイ疑惑の印象を引きずっていて、やや苦戦。石井氏は参院予算委員長として、テレビ中継でも手堅い国会運営を披露した。知名度もある」と分析する。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。