マック赤坂氏“引退”激白! 参院選「5万票を下回ったら…」

2013.07.13


国会議事堂をバックにスマイルポーズをとるマック赤坂氏。今回はガンジー風コスプレで勝負だ【拡大】

 7・21参院選の東京選挙区に出馬したマック赤坂氏(64)に異変が起きている。これまで国政・首長選挙に何度も挑戦し、政見放送でひたすら「笑顔のトレーニング法」を解説してきたが、今回はインド独立の父ガンジーのコスプレ姿で、大まじめに護憲・平和を訴えているのだ。マック氏本人を直撃すると、知られざる実像やエピソードが次々と発覚。さらに仰天の「引退宣言」まで飛び出した。

 ──参院選出馬はいつ決断したのか

 「昨年の東京都知事選が終わったときに『参院選もやろう』と思った。来年は京都府知事選、再来年は愛知県知事選、3年後はまた参院選と都知事選と決めている」

 ──「参院選=落選」が前提なのか

 「今回の目標は10万票。でも、同じ選挙区にはドクター中松(中松義郎)氏もいて厳しい。現実的には5万票だね」

 ──たとえ10万票とっても当選できない

 「都知事選では3万8000票もらった。私が出演した映画『立候補』は連日満員で、マスコミにも取り上げてもらった。これで都知事選を下回るならバカらしくてやってられない。もう出ません!」

 ──前回得票数を下回れば選挙から引退か

 「いやいや、5万票を下回ったらもう出ない。そう書いていいからね」

 ──今回の政見放送では笑顔トレーニングの決めゼリフ「10度、20度、30度!」をやっていない

 「都知事選後に『参院選はまじめにやろう』と思って封印した」

 ──どうして

 「長男(34)に『どうやったら当選すると思う?』と聞いたら、『まじめに政策を訴えるべきです』と言われたことの影響が大きいね」

 ──でも、ガンジーのコスプレ姿で…

 「これまで『スマイル!』と訴えてきたことと、平和を訴えること。2つの間でギリギリのバランスをとったのがガンジーだったわけだ。政見放送では最初と最後で『スマイル!』と言っているでしょ。改憲に対するアングリー(=怒り)をスマイルでサンドイッチしているんだよ」

 ──家族構成は

 「家族は息子だけ。妻は私が28歳のときに結婚して32歳で離婚した後に子宮頸がんで亡くなった。離婚の原因は『性の不一致』。マックのアレがデカかったからだよ。ワハハハ…。今は独身。若い女の子も事務所に来てほしいね」

 ──花嫁募集中か

 「いやいや。3年前にパイプカットして、今はスカッとさわやか!」

 ──そうですか…。政見放送では「平和のために断食をしている」と

 「毎日、国会議事堂前で、正午から午後12時半の30分間やってます。その間だけは水とお茶しか飲みません」

 ──断食は30分だけ?

 「そうじゃなきゃ体力がもたないよ!」

 ──今回は街頭演説をあまりやっていない

 「暑いからね。新宿とか渋谷の地下街でやっている。夕方は涼しいから地上でやってる。『10度、20度、30度!』もやってます」

 ──スマイル党の党員は何人いるのか

 「10人います。あっ、さっき2人が入党したから12人だね」

 ──法定得票数を獲得できなければ供託金300万円を没収される

 「個人資産はレアアースの貿易でもうけて数十億円ある。大丈夫です」

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!