参院選、自民圧勝で進む“封じ込め・座敷牢人事” 丸川珠代氏「入閣」の声も (1/2ページ)

2013.07.21


圧勝予測が流れる安倍首相(左)率いる自民党。焦点は選挙後の内閣改造・党内人事。石破幹事長(右)は留任か【拡大】

★鈴木哲夫の核心リポート

 参院選は21日投開票される。報道各社の情勢調査などから「自民党優勢、野党苦戦」が確実視されており、永田町や霞が関の一部では、消費税増税やTPP(環太平洋戦略的経済連携協定)交渉参加などを見据えて、選挙後の内閣改造・自民党役員人事に焦点が移りつつある。驚くべき「封じ込め・座敷牢人事」とは。政治ジャーナリストの鈴木哲夫氏が、水面下で流れる「人事情報」を緊急リポートする。

 早くも、人事情報がささやかれ始めた。安倍晋三首相にとっては、参院選で衆参多数を実現して、政治課題に突き進むための態勢固めだ。一体どんな陣容になるのか。

 「小幅でしょう」

 安倍首相の側近議員はこう言い、続けた。

 「首相の右腕で、毎日顔を合わせて話を詰めている菅義偉官房長官と、経済政策の司令塔である甘利明経済再生担当相、麻生太郎副総理兼財務相の3人は変える理由がない。安倍首相は、経済再生を確実に仕上げて憲法改正まで持っていきたい。無用な軋轢(あつれき)を生む、拙速な人事は避けるだろう」

 別の安倍首相に近い議員はこう語る。

 「高市早苗政調会長は交代だろう。『原発事故で死者はいない』という発言はあまりにも軽率だ。原発再稼働にも影響する。ただ、女性の人事は感情的に後を引きかねない。高市氏更迭に合わせて、稲田朋美行革担当相や、森雅子少子化担当相ら女性閣僚をガラガラポンするかも。今回改選の丸川珠代氏がダントツで再選されれば、入閣もあり得る」

 おそらく安倍首相が目指すのは小幅で手堅い改造人事だ。その深層には、一触即発といえる党内事情が横たわっている。そこに見えてくるのは「封じ込め人事」だ。

 参院選の公示直前、自民党の石破茂幹事長に近い中堅議員がこんなことを言っていた。

 「不謹慎だが、石破さんにとっては参院選で負けた方がいいかも」

 こんな驚くべき発言をした中堅議員は、昨年の自民党総裁選前から石破氏を支援してきた1人だ。真意をこう語る。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!