【関西の議論】橋下氏を逆ギレさせた徳島県議 天敵であろうとする“真意”とは (3/3ページ)

2013.08.03


「橋下氏の“おかしな発言”にはかみついていきたい」と語る徳島県の竹内資浩氏【拡大】

 竹内氏は23年、関西広域連合議会議員(徳島県代表)になり、関西の2府5県と4政令指定市の首長、議員による議会には毎回出席。連合長の井戸知事には「関西広域連合は橋下氏の言論に振り回されている。もっとじっくり腰を据えて議会運営を進めるべきだ」とも訴えた。

 橋下氏については政治家というよりも、あくまで弁護士であり、タレントだと強調する。一方で、「著作や憲法改正の考えについて、同意する部分もある」といい、「100%嫌いなわけじゃない」とも。パフォーマンスであるにせよ、積極的に自身の考えを伝える「発信力」や党内での「求心力」には一目置いている。そうした影響力がある人物なだけに、批判を含めて「もの申していく」ことは大切だと考えている。

 8月29日には和歌山で関西広域連合の定例会が予定される。徳島県議の一般質問は竹内氏以外の議員が行うことになっているが、場合(橋下氏の言動)によっては、発言を求めることも考えている。がんと闘いながら、今後も“おかしい”と感じた橋下氏の言動への批判は続けていくという。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!