【政界キーマンたちの夏】進次郎氏、青年局長続投“消極的”のナゼ 復興担当政務官に転身?

2013.08.06


参院選期間中は全国各地で握手攻めにあった小泉進次郎氏【拡大】

★小泉進次郎

 自民党の小泉進次郎衆院議員にちょっとした異変が起きている。2011年10月から務めている青年局長について、続投を強く希望する発言をしなくなったというのだ。消費税増税や原発再稼働など、国論を2分する難題が山積する中、進次郎人気は安倍晋三内閣にとって魅力的に違いない。秋の人事で政府入りもささやかれるが、進次郎氏はどう動くか。

 「今は青年局長ですから、青年局長の任をしっかりと勤め上げることしか考えていません」

 臨時国会が召集された2日、進次郎氏は記者団にこう語った。

 11日には青年局の被災地訪問活動で千葉県を訪れるほか、9月9日からは青年局120人を率いて台湾を訪問するなど、予定がめじろ押し。9月下旬とされる内閣改造・党役員人事は意識していないというわけだ。

 だが、昨年12月の衆院選直後は、「可能であれば自民党の青年局長を続けたい」とテレビ番組で語っており、ニュアンスの違いは明白。青年局議員も「進次郎氏は最近、続投にこだわりをみせなくなった」と明かす。

 7月の参院選で、進次郎氏は離島や被災地を中心に31道県で応援演説をこなし、自民党圧勝に貢献した。党内では閣僚抜擢論のほか、安倍首相が、森、小泉両内閣で官房副長官に起用されて注目されたため、「首相は、進次郎氏を副長官に登用して育てる気ではないか」(ベテラン議員)といった観測もある。

 ただ、進次郎氏に近い若手議員は「閣僚や副長官を打診されても断るのではないか」と見る。今年4月、宮城県大衡村のトヨタ東日本学園を視察した際の光景が忘れられないからだ。

 「この中で首相になりたい人は手を挙げて!」

 ある国会議員がこう呼びかけると、視察に参加した5、6人の議員のうち、手を挙げなかったのは進次郎氏だけだったという。若手議員は「進次郎氏は永田町の嫉妬に敏感だ。『調子に乗っている』と思われるようなことはしない。他人を飛び越して起用されることも嫌うはずだ」と語る。

 ただ、「今まで東日本大震災復興や、離島振興に取り組んできた。復興や離島を担当する政務官ぐらいなら受けるのでは」とも付け加えた。

 周辺議員にも本心を明かさない進次郎氏だが、7月30日にはインターネット番組で、趣味のサーフィンに引っかけてこう語った。

 「国会の中で波に乗らなきゃダメだって言われそうだ」

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!