【新春特別対談】高市早苗氏×山谷えり子氏 今年から効果が出る成長戦略

2014.01.07


高市氏(右)と、山谷氏は、安倍政権を支える強力コンビだ【拡大】

★(1)

 2014年の幕が開けた。安倍晋三首相のアベノミクスで日本経済は活気づき、積極的平和外交も定着しつつある。ただ、4月の消費税率アップや、軍事的挑発を強める中国の存在などの不安要素もある。これから日本はどうなるのか? 自民党の高市早苗政調会長と、同党の山谷えり子参院政策審議会長が語り合った。

 ◇

 ──第2次安倍内閣の1年間はどうでしたか?

 高市氏「日本が再生するための1年でしたね。衆院選でお約束した『自民党政権公約2012』に書いた諸政策を、内閣が着実かつ迅速に実行し、党が関連法案や予算の成立を支えてきました」

 山谷氏「20年間続いたデフレで自信を失った日本人を『前を向こう』という気持ちに変えさせました。これまで『政治は誰がやっても同じ』と言われてきましたが、『そうではない』と多くの人に言っていただき、責任を感じます」

 高市氏「当初からスピード重視でした。第2次安倍内閣は12年12月26日に発足しましたが、直ちに司令塔となる日本経済再生本部を立ち上げ、産業競争力会議も設置しました。内閣発足後17日目に10兆円規模の緊急経済対策を、21日目に大型の補正予算を策定。28日目に政府・日銀共同声明を発表して2%の物価安定目標を打ち出しました。すべて『自民党政権公約2012』に明記していたことです」

 ──アベノミクスの3本の矢も注目された

 高市氏「第3の矢である成長戦略については、昨年末の臨時国会で『産業競争力強化法』『国家戦略特区法』『農地中間管理機構整備関連法』『改正電気事業法』などを成立させました。これらが今年から施行段階に入りますから、効果が出てくるはずです」

 山谷氏「政府と党との連携も良かった。私が新聞記者になったとき、『鳥の目と虫の目を持て』と言われましたが、安倍首相は大きな視野で物事を見る鳥の目と、小さな現実を見逃さない虫の目を持っている。メッセージの打ち出し方もうまい。国民の共感も生まれました」

 ──この1年を採点すると何点か

 高市氏「90点かな。マイナス10点は、民主党政権時代の『負の遺産』です。彼らの誤った政治主導によって、政治家と官僚の信頼関係が損なわれていて、政権交代後も意思疎通が不十分なケースがあった。今ではかなり回復してきています」

 山谷氏「点数を付けるのは難しい。そもそも、現在執行されている13年度予算は民主党時代に作られたもの。自民党政権らしさを100%出すのは難しかった。しかし、14年度予算は本当の意味で自民党政権が作った予算ですから、本格的な景気回復は来年度からでしょう。期待していてください」 (取材・構成 安積明子)

 ■高市早苗(たかいち・さなえ) 1961年生まれ。神戸大学経営学部卒業、松下政経塾卒塾、近畿大学教授を経て、93年に衆院議員初当選。衆院文科委員長、通産政務次官、経産副大臣、科学技術担当相などを歴任。現在、衆院議員6期目(奈良2区)。12年12月、自民党政調会長に就任する。

 ■山谷えり子(やまたに・えりこ) 1950年生まれ。聖心女子大学卒業後、新聞記者やテレビキャスターなどを経て、2000年に衆院議員初当選。04年に参院議員に転身し、内閣府大臣政務官や首相補佐官を歴任。13年10月、参院自民党政審会に就任する。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!