自民が切り込む細川氏の闇…「佐川急便から1億円」疑惑のまま 都知事選 (1/3ページ)

2014.01.15


小泉元首相(中央右)の支援を受けて都知事選への出馬を表明した細川元首相(同左)。自民党と全面戦争に突入する【拡大】

 東京都知事選(23日告示、2月9日投開票)に、細川護熙元首相(76)が出馬することを表明した。「脱原発」で一致する小泉純一郎元首相(71)が支援する。舛添要一元厚労相(65)を推す自民、公明両党と全面対決する構図だが、細川氏は20年前、東京佐川急便からの1億円借り入れ問題を、野党に追及され、たった9カ月で政権を投げ出した人物である。今後、自公両党が切り込む「細川氏の闇」について、ジャーナリストの田村建雄氏が緊急リポートする。

 細川氏「原発の問題は国の存亡に関わるという危機感を持った。原発問題は知事として非常にやりがいのある仕事だ」

 小泉氏「『原発ゼロでも日本は発展できる』というグループと、『原発なくして日本は発展できない』というグループの争いだ」

 細川、小泉両氏は14日午後、都内のホテルで会談後、記者団にこう語った。選挙戦の争点を「脱原発」に収斂させる思惑のようだが、2020年東京五輪を控えた首都・東京には、ほかにも数多の課題が山積している。

 加えて、医療グループ「徳洲会」側からの5000万円受領問題で辞任した猪瀬直樹前都知事の後任を選ぶだけに、1億円借り入れ問題を引きずる細川氏には、1300万都民のトップに立つ資格自体が問われそうだ。

 菅義偉官房長官も同日の記者会見で「(細川氏は)東京佐川急便からのお金の問題で首相を辞任した。それを都民がどう受け止めるかだ」と言い切った。

 選挙戦でも、1億円借り入れ問題は徹底的に追及されそうだが、これがいかに深刻か。当時の時代背景を解説する必要がある。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。