舛添要一氏応援に片山さつき氏が突き付けた“急所2条件” 東京都知事選 (1/2ページ)

2014.01.20

 自民党の片山さつき環境部会長(54)が、東京都知事選(23日告示、2月9日投開票)に出馬する舛添要一元厚労相(65)を応援するための「2条件」を突き付けた。2人はかつて婚姻関係にあった(1986年に結婚、89年に離婚)だけに、舛添氏の対応が注目されそうだ。

 「ぜひ、片山さんに応援してほしい、すごい話題になる」

 安倍晋三首相は19日、都内のホテルで開かれた党大会の会場で、片山氏に対し、舛添氏の応援をこう要請したという。

 これに対し、片山氏は党大会後に記者団のぶら下がり取材に応じた後、自身のブログで「2つの問題があって」と、次のように真意を説明した。

 「まず今回の(2020年東京)五輪は、オリンピックだけでなく、パラリンピックがあり障害者の問題が非常に重要ななかで、現時点では舛添氏は、障害をお持ちのご自身の婚外子の扶養について係争になっており、これをきちんと解決していただくこと」

 舛添氏は96年に3度目の結婚をし、2児をもうけている。他に日本人女性との間に婚外子がいるという。片山氏はさらに続けた。

 「自民党として、提言し、法改正につなげた生活保護問題で、家族の絆と自助・共助・公助を基本とする保守政党の自民党の理念に照らせば(舛添氏には親族の)扶養義務の問題も過去にさかのぼってある」

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。