元首相コンビは「論理」より「感性」 「原発ゼロ」のリスク認識に誤り (1/3ページ)

2014.01.22


細川氏(左)と小泉氏が掲げる「脱原発」は理想だが、問題も多い【拡大】

 東京都知事選(23日告示、2月9日投開票)で、細川護煕元首相(76)が22日夕、正式な出馬会見を行った。会見では「脱原発の同志である小泉(純一郎)氏から強いメッセージを受け、出馬の意向を固めた」と述べた。エネルギー問題に詳しいジャーナリストの石井孝明氏が、元首相コンビが掲げる「脱原発」の疑問点に迫った。

 細川氏は14日の出馬表明で「原発について、国の存亡に関わる問題だという危機感を持っている」と述べた。小泉氏は「原発ゼロでも日本は発展できるというグループと、原発なくして日本は発展できないというグループとの争い」と、過激に都知事選を定義した。

 彼らの主張を合理的に解釈しようとしたら、頭が混乱するばかりだろう。2人は「論理」よりも「感性」で動いている人たちだ。

 細川氏の「原発ゼロ」の具体策は見えない。ジャーナリストの池上彰氏が昨年末に出版した「池上彰が読む小泉元首相の『原発ゼロ』宣言」(径書房)では、細川氏がインタビューに答えている。

 それを読む限り、細川氏はゆがんだ情報を真に受けている。英国の原発施設の周囲では「白血病が増え」ている。福島も「帰れない人たちが当分減ることはない」、そのため「原発ゼロにすべき」という主張だ。

 しかし、英国政府の調査では白血病の多発は確認されておらず、福島でも「健康被害の可能性はない」というのが、専門家の一致した見解だ。根本的にリスク認識が誤っている。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!