安倍政権へのやっかみ拍車か 気になる小泉元首相の「都知事選後」 (1/2ページ)

2014.02.04


細川元首相(右)とともにダウンジャケット姿で支持を訴える小泉元首相=2日、東京・銀座【拡大】

 東京都知事選は、すでに「勝負あった」である。

 早くも永田町では、2月9日の投票締め切りの午後8時を過ぎたら、NHKなどどこの社が「舛添候補当確」を打つのかに関心は移っている。

 この話にはオチがある。予算削減に苦しむマスコミ各社の一部は、選挙戦序盤・中盤の情勢調査を共同で実施した。投開票日の出口調査も共同実施社がある。

 従って、精度が高くなるというのだ。午後8時1分にはどこかの社が速報を流すことになる。

 中盤情勢調査では、各社ともに舛添要一元厚労相(65)がダブルスコアの差をつけて第1位だが、細川護煕元首相(76)が、元日弁連会長の宇都宮健児氏(67)に負けて第3位という結果を出した社もあった。

 細川氏はすでに「負け戦」を覚悟しているという。ここではその敗因理由については触れない。

 筆者の関心は、細川氏全面支援を行っている小泉純一郎元首相(72)の「都知事選後」に尽きる。

 都知事選の街頭演説で、細川氏が「原発」だけでなく「経済」「福祉」「五輪」についても言及する傍らで、小泉氏は依然として「原発即ゼロ」だけを訴える。

 それでも従前に比べて、演説にキレがないというか、力強さが感じられない。やはり年齢なのか。

 それはともかく、粘着質の小泉氏は一度「戦闘モード」にスイッチが入れば、決してブレることはない。つまり、今後も原発問題評論家ではなく、元首相として「原発再稼働反対」「即ゼロ」を発言していくのは間違いない。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。