ケネディ大使 籾井会長、百田委員の発言を理由にNHKの取材に難色の報道  (1/2ページ)

2014.02.18

 キャロライン・ケネディ駐日米大使の様子がおかしい。NHKがインタビュー取材を申し込んだところ、米大使館を通じて、籾井(もみい)勝人会長や、大ヒット映画「永遠の0」の原作者で、経営委員である百田尚樹氏の発言を理由に難色を示したというのだ。共同通信が17日配信した。思想信条の自由への圧力、価値観への干渉になる可能性もある。

 「常識では考えられない。『そういう話を仕立てて、利益を得る勢力があるのでは?』と疑ってしまう。だが、もし事実ならば、同盟国への干渉に他ならない。一国の代表として大変なことだ」

 拓殖大学の藤岡信勝客員教授は、こう語った。

 共同通信によると、NHK国際部取材班は昨年11月のケネディ大使着任直後にインタビュー取材を申し込み、実現を前提に交渉を継続していた。

 ところが、2月上旬に取材班が大使館を訪問したところ、報道担当官から「百田委員と籾井会長の発言で、インタビューは困難になった。イメージ悪化を恐れる大使本人とワシントンの意向だ」との趣旨を伝えられた−という。

 籾井氏は1月25日の会長就任会見で、慰安婦問題について「どこの国にもあった。今のモラルでは悪い」「(補償については)日韓基本条約で全部解決している」と発言。百田氏は東京都知事選の応援演説で、米軍による東京大空襲や原爆投下を「大虐殺」といい、「南京大虐殺はなかった」などと語っていた。

 共同通信の取材に、NHK広報部は「取材・制作の過程に関わることについては回答を差し控える」とコメントしているが、同盟国の全権大使として、今回の対応はいかがなものなのか。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。