DHC会長「渡辺氏はウソつき」 みんな、維新…「責任野党」が総崩れ (1/2ページ)

2014.03.31


入閣の噂もあった渡辺氏【拡大】

 みんなの党の渡辺喜美代表が、8億円借り入れ問題で崖っぷちに立たされた。「熊手釈明」で失笑を買ったうえ、融資した化粧品販売者「ディーエイチシー」(DHC)の吉田嘉明会長に「ウソつき」呼ばわりされ、信頼失墜が甚だしいのだ。同党は日本維新の会とともに安倍晋三首相が「責任野党」と呼び、連携を模索してきた相手。維新の橋下徹共同代表(大阪市長)の求心力低下もあり、安倍首相は戦略見直しを迫られそうだ。

 「誤解を解くことが必要なので、政倫審(衆院政治倫理審査会)も含めて対応していきたい」

 みんなの党の浅尾慶一郎幹事長は30日、渡辺氏の政倫審出席について語ったが、すでに元東京都議が公職選挙法違反などの疑いで東京地検特捜部に告発状を提出しており、「誤解」では済みそうにない状況だ。

 現に、DHCの吉田会長は報道各社のインタビューに、こう明言した。

 「(私が)検査入院していた病室に渡辺氏が飛び込んできて、『維新と連携する。100人を当選させるために20億円が必要だ』と依頼された。その後、『5億円ですむ』となった」「貸し付け前には選挙の話しかしていない。当然、選挙費用という認識だ」「(合計)8億円もの大金を選挙や政治以外、何に使うのか。(渡辺氏は)ウソをついている」

 国民や他党の視線も厳しく、みんなの党は解党危機すら迎えかねない。だが、ダメージを負ったのは同党だけではない。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!