「熊手買った、ではすまされない。辞任すべきだ」 みんな・江口最高顧問が激白

2014.04.01


みんなの党の渡辺代表は8億円の使い途について、熊手購入と例示していたが…=2010年11月(提供写真)【拡大】

 みんなの党の渡辺喜美代表による8億円借り入れ問題で、党の「知恵袋」的存在である江口克彦同党最高顧問は3月31日、渡辺氏と電話会談し、「代表をいったん辞めるべきだ」と求めた。渡辺氏は「出処進退は自分で決める。法的問題はない」と拒否した。5億円要求メールの公開で、立件の可能性が指摘されるなか、江口氏が胸中を激白した。

                  ◇

 今回の問題は極めて深刻だ。渡辺氏や党だけでなく、日本の政治に大きな打撃を与えた。国民にとてつもない政治不信を植えつけた。

 医療法人「徳洲会」グループから受け取った選挙資金5000万円を収支報告書に記入しなかったとして、公職選挙法違反(虚偽記入)の罪で略式起訴された猪瀬直樹前都知事よりも1ケタ大きい金額なのに、「熊手を買った」ではすまされない。渡辺氏の説明だけでは、誰も「潔白だ」とは思わない。

 「信なくば立たず」というのが政治家の原点。渡辺氏はひとまず党代表を辞任したうえで、国民に十分に説明すべきだ。党の内部調査だけでは国民を説得できない。私は、渡辺氏が自ら衆院政治倫理審査会の開催を求めるとともに、検察など(の捜査)にもきちんと答えた方がいいと思う。

 そうして360度、一点の曇りもなく完全にシロだということが証明されたら、改めて党代表に戻ってきてもらいたい。

 私は渡辺喜美という政治家を「殺し」たくない。渡辺代表は稀有(けう)の政治家だ。彼でなくては、本当の政治改革、行政改革はできない。渡辺氏は「出処進退は自分で決める」と言ったが、本物の政治家ならば、いま自分が何をすべきかを十分に分かっているはずだ。

 命を吐きだす思いで述べた私の言葉はきっと、渡辺氏の心に届いているだろう。私は「政治家・渡辺喜美の良心」を信じている。 (ジャーナリスト・安積明子)

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。