日豪EPAで牛丼値下げ? 締結で大筋合意

2014.04.08


共同記者発表を終え、オーストラリアのアボット首相と握手する安倍首相=7日午後、東京・元赤坂の迎賓館(代表撮影)【拡大】

 安倍晋三首相は7日、来日中のオーストラリアのアボット首相と会談し、日豪の経済連携協定(EPA)の締結で大筋合意した。これで豪州産牛肉を使った牛丼などの価格引き下げが見込まれ、お小遣いが厳しいサラリーマンにとっては朗報となりそうだ。

 日豪両政府は日本の豪州産牛肉の関税(38・5%)を段階的に引き下げ、冷凍品は協定発効から18年目に19・5%、冷蔵は15年目に23・5%にすることで合意。輸入が一定量を超えた分は38・5%に戻す。

 みずほ総合研究所の試算では豪州産牛バラ肉100グラムの小売価格を220円とすると、38・5%の関税を半分に引き下げれば10円安い210円程度になる。牛丼大手の関係者は「調達コストが下がり、手頃な価格でメニューを提供できる」と歓迎している。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。