「防衛生産・技術基盤戦略」に対する提言案のポイント (1/2ページ)

2014.04.15


海上自衛隊の護衛艦「ひゅうが」【拡大】

 「昭和45(1970)年のものなんてもう古い」

 実は同年生まれである私は、確かにもう古くなってはいるが、使い物にならないほどではない…と思っている。しかし、「古い」と言われているのは防衛庁時代の事務次官通達で「国産化方針」と呼ばれているものだ。

 これについて防衛省は「国産化方針」を見直し、国際共同開発・生産へと舵を切るとかねて明言しているのだが、新聞各紙を見ると、あたかも防衛省・自衛隊が「国産」を見直して、国際共同開発に転換するかのように書かれている。

 しかし、防衛省によれば、これは昭和45年の「国産化方針」という名称の事務次官通達そのものを見直すということであり、「国産」をやめて、国際共同開発をするといった考え方ではないということである。

 こうした中、自民党は10日、国防部会・防衛政策検討小委員会において、防衛省が5月に策定する予定の「防衛生産・技術基盤戦略」に対する提言案をまとめた。

 その柱となっているポイントに驚いた人も多かったのではないだろうか。

 「国産あっての国際共同開発…」

 「『国産化方針』の理念を踏襲する…」

 防衛省の定める戦略の方向性と、自民党提言はまるで正反対のようだ。防衛省vs自民党という構図と捉えられてもおかしくない。

 自民党提言では、しっかりした国内技術がなければ共同開発に参画したくでもできないのだから、いわゆる「国産化方針」の考え方を踏襲した上で、新たな「国内生産基本方針」として(「国産化」はすでにかなり達成されたため)、防衛省が策定予定の「戦略」に盛り込み、それを政府方針とするべきだとしている。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!