オバマ大統領の来日、「2泊3日」の裏にある外交駆け引き (1/2ページ)

2014.04.15


安倍首相(左)と、オバマ大統領はTPPで合意できるのか(ロイター)【拡大】

 バラク・オバマ米大統領による日本訪問の到着日時をめぐる二転三転劇は、下手な芝居より、よほど面白い。

 日米外交当局の当事者には失礼千万な話だろうが、おさらいをしてみよう。

 ホワイトハウス(大統領府)がオバマ大統領の4月下旬のアジア歴訪を公表したのは、2月12日のことだった。

 そもそもは、このホワイトハウス発表に端を発している。訪問国として挙げられたのは、日本、韓国、マレーシア、フィリピンの4カ国。これに衝撃を受けたのが、外務省(斎木昭隆外務事務次官・入省1976年)である。

 何が「衝撃」であったのか。当初予定になかった韓国が追加されたことで、大統領の日本滞在が1泊2日となったのだ。

 在米日本大使館(佐々江賢一郎駐米大使・同74年)は昨年末以来、米側に国賓での来日を働きかけてきた。

 外国の国王や大統領の国賓としての日本滞在は、天皇陛下との会見や天皇・皇后両陛下主催の晩餐(ばんさん)会出席など宮中行事のため、最低で2泊3日が慣行となっていた(クリントン元米大統領が1泊2日の国賓で来日した例はある)。

 ホワイトハウスは日本側の要請に対し、事実上の了承を与えていたので、官邸・外務省関係者に衝撃が走ったのだ。

 韓国の朴槿恵(パク・クネ)政権の対米ロビー活動が奏功し、韓国訪問が追加されたことにショックを受けたのである。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!