オバマ大統領、中国を牽制「尖閣諸島に安保適用」 読売書面インタビューで  (1/2ページ)

2014.04.23


中国を牽制する姿勢を明確にしたオバマ大統領(ロイター)【拡大】

 オバマ米大統領は23日夜、国賓として来日する。安倍晋三首相と24日に首脳会談を開催。両首脳は日米同盟の役割について「アジア太平洋地域の平和と繁栄に貢献する」と位置付け、同盟のさらなる強化策を打ち出す。オバマ氏は出発前、読売新聞の書面インタビューで、中国が強奪を狙う沖縄県・尖閣諸島について「日米安保条約適用」を明言した。

 強固な日米同盟を世界に示す、オバマ氏の来日。羽田空港に23日夜に到着した後、都内で安倍首相と非公式の夕食会を行う。24日は皇居での歓迎行事、宮中晩さん会などに出席し、25日午前に次の訪問国である韓国へ向かう。

 首脳会談では、同盟強化策として、年内に再改定する日米防衛協力のための指針(ガイドライン)、海洋安全保障、弾道ミサイル防衛など幅広い分野での安保・防衛協力の拡大で一致する。

 安倍政権が検討している集団的自衛権の行使容認も取り上げられ、オバマ氏は日本の取り組みを全面支持する方向だ。難航しているTPP(環太平洋戦略的経済連携協定)交渉でも、両首脳は政治決断も視野に率直な意見交換を行う。

 こうしたなか、首脳会談後の共同記者会見が注目されている。

 両首脳は、東シナ海や南シナ海への軍事的進出を加速させ、周辺諸国とあつれきを生んでいる中国を強く牽制し、「力による一方的な現状変更の試み」を許容しない姿勢を明確にする方針。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。