尖閣めぐる中国の野心を封じ込め 日米首脳会談「力による現状変更に反対」 (1/3ページ)

2014.04.24


“すし会談”から一夜明け、公式首脳会談に臨んだ安倍首相とオバマ大統領=24日午前、東京・元赤坂(ロイター)【拡大】

 安倍晋三首相は24日午前、来日中のオバマ米大統領と、東京・元赤坂の迎賓館で会談し、日米同盟について「平和と繁栄の礎」「アジア太平洋地域の安全保障の土台だ」と世界に向けて発信した。沖縄県・尖閣諸島を含む同地域で、領土的野心をあらわにする習近平国家主席率いる中国を、強固な日米同盟でけん制・封じ込める狙いだ。これまで、中国に腰の引けていたオバマ氏だが、ウクライナや中東などで世界情勢が激変するなか、安倍首相主導の同盟強化に傾いた。

 「日本国民として、バラク・オバマ大統領の来日を歓迎する。自由と民主主義、基本的人権といった価値を共有し、戦略的利益を共有する日米の同盟関係はかけがえのないものだ。私の進める積極的平和主義と、バラクの進めるアジア重視政策は、この地域の平和と安定に貢献する。中国に関しては『力による現状変更の動きに対しては、明確に反対する』ことで一致した。アジア太平洋地域で日米同盟が主導的役割を果たしたい」

 24日午後12時39分から始まった共同記者会見。安倍首相は予定をオーバーして終わった首脳会談の成果を、こう語った。

 これを受け、オバマ氏は尖閣諸島について米大統領として初めて「日本の施政下にある尖閣諸島についても日米安全保障条約第5条の適用対象になる」と明言した。

 これに先立つ首脳会談で、安倍首相は集団的自衛権の行使容認に向けた状況を説明し、オバマ氏から「支持」を取り付けた。TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)交渉も、閣僚級協議を継続することで一致した。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。